So-net無料ブログ作成

これって”いじめ”だよね [芸能界・スポーツ]

今朝出勤時にTVを見ていて無性に不愉快だったのでひとこと

日テレの朝の情報番組「スッキリ!」 毎日旬の情報やそのときどきの美味しいものを紹介する番組でいつも見ているのですが 今朝のコーナーで漫才師のキングコングの二人が出演しました

キングコングの西野からの視聴者プレゼントということで 自作で描いた画集を出版したもの(本人のサイン色紙つき)を提供するとのことでした

その直前に一枚の原画を紹介したため そっちをプレゼントしようと相方の梶原が提案したため ひと騒動
原画は提供できないという西野の意見を全く無視し 色紙は投げるは本は捨てるは・・・

そこまでであれば コンビ同士のふざけあいで済んだものの 司会の加藤とテリーが悪ノリし 本や色紙を踏み出す始末 それも何度も


西野によれば コツコツと5年もかけて画き溜めてきた 正真正銘の力作である
それを公衆の電波を使い 公開いじめと呼んでもいい場面を堂々と放送する神経が分からない

めちゃいけ等のバラエティ番組内であれば どんなに暴れてもそこだけのことで済むが 朝から「情報」を見ようとしている人に対し そのノリはないだろう・・・


狂犬で鳴らした加藤は兎も角(それでも行いは狂犬ではなく 狂人だ) 日頃常識人ぶっているテリーまで一緒に悪ふざけすることはないだろう


出勤の時間の都合で途中までしか見れなかったが あのあと西野にきちんと謝罪しただろうか?
もし したとしても番組後の楽屋で「さっきは悪かったね ごめんね 悪ノリして♪」位の軽い気持ちでしか言ってないのではないか?
また もし 万が一 西野を含めた全員がそういう設定(台本)だったとしたら そんな踏み絵なんかと言われ 踏み散らかされた本を 視聴者がもらっても 嬉しくもなんともないだろう むしろ不愉快なのではないか?

(一応 番組内で加藤が「これとは別に新しいのを送ります」などと付け加えていたが そんなの問題ではない そういう風にされた本自体がダメなものと思ってしまうことに考えつかないらしい)


「いじめ」というのは する側は「そんなつもりではない」といくら言っても される側はそうは思わない
同様に誹謗中傷なども受け取る側の気持ちは全く別次元のものになってしまう可能性があるということも充分以上に考えなければならない

パク・ヨンハ氏の自殺でクローズアップされた 韓流スターの死の連鎖は そういった面も充分に考えられるだろう


仮にも情報番組の司会という立場なのだから 二人には猛反して頂きたい



p.s.でも 正直 西野位のメンタル強さがあれば パク氏や他の女優なども死なずに済んだかもしれないな・・・





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。