So-net無料ブログ作成
映画・アニメ ブログトップ
前の10件 | -

全世界が待っていた [映画・アニメ]



はい 私も御多分に漏れず 69億円の一部と成ってきましたw


こういうお祭り騒ぎは楽しんだもん勝ちですしね^^



鑑賞チケットはネットで前売り券を購入してたので並ぶ事は無かったのですが いつも駐車場の空き探しで時間が掛かってしまうので 今回は早めに劇場に行ってみました

ちょっと早めの夕食を摂り シネマコンコースに行くと そこにはストームトルーパーの姿が!
starwars1.JPG

記念の一枚撮ってもらいました♪


ちなみにシャッターを押して下さった方は
starwars2.JPG

ん? 劇場スタッフや配給会社関連の方かと思いましたが どうやら一般のレイヤーの方のようです


周りには「私も 僕も」と撮影待ちのお客さんもズラリと・・・



本日限定販売のプレミアムパンフレットをショップで購入し 色んな関連グッズを物色していると いよいよあと30分で公開開始となった頃 入場案内が流れました


さぁ 銀河の果てへと旅立つときが近づいてきました

18時30分 一斉公開の時間に暗転すると なんとCMやマナー動画もなしにいきなり例のテーマが!


今まで他の映画を公開直後に見に行ったことがないので これが当たり前なのかどうかは分かりませんが いや~早く来て正解でした

冒頭のテロップロールが見れなかったかもだもんね


(内容についてはここでは書きません ネタバレさせたくないし)





ああああ 終わった・・・

今までのシリーズ作品のように続く要因を残しつつ一話完結で問題解決するあたり 最近の3部作シリーズ作品よりまだマシだと思います
(下手に上映時間を引き延ばしするためだけに作品を分割上映するようなやつは嫌いです)


でも 開始10分以内に主要登場メンバーが殆ど出てくるとはね(ネタバレか?)



監督が代わればこう作品が変わるのかという代名詞みたいな映画でした



次のエピソード8が待ち遠しいです(気が早すぎる?)


館内に入る際に手渡しされたバンダイプラモのカタログを待ち時間にみてたら 無性に欲しくなって買っちゃいましたよ

starwars3.JPG

starwars4.JPG

思った以上に部品数多いな・・・


あ! アンテナの形状が昔と違う!! そういえば確か前作品でデススター内に突入したときに 途中でもぎ取れちゃったんですよね



自宅に帰り着いたら 地上波でエピソード4やってるしw

もちろん最後まで見ましたが^^;




いやぁ 映画ってほんっとに良いものですね~

それでは サイナラ サイナラ サイナラ ノシ


Welcome to Future! [映画・アニメ]



さぁ 今先ほどドクとマーティがやってきた(と思います)^^

未来はどうですか?
思っていた程 進化はしてなくてガッカリしたかもしれませんね

でも少なくとも 腕時計で通話が出来るくらいまでにはなってるんですよ・・・



ということで 「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」に絡めたものを書いてみました

この日に合わせて アメリカや日本国内でも様々なイベントや催し物をやるみたいですね

ある映画館では21日16時29分到着時刻に合わせて 昨日上映された所もあるようですが この映画の舞台ってアメリカ・カリフォルニア州なので 日本との時差が17時間あるので 本当はこの22日9時29分(日本時間)が丁度なんですよね


私も2000年を超した辺りから いつ自動車は空を飛ぶんだろう・・・ なんて思っていましたが未だに実現は難しそうです
(一部変形する飛行機のようなものはありますが あんなもの自動車と呼びたくない!!)

この映画に限らず 空想・SFの世界では 「反重力」だとか「高磁力」だとかで浮き上がるのが普通だと思います


この先どれだけ待てば 実現 というより自家用車として運転できる日が来るのでしょう
(っていうか 実現する未来が来るまで人類が生存していれば良いがww)


もし今 ドクがこの時代に到着しまだ先の未来に行けるとしたら 早いとこ実用化にこぎつけて欲しいものです

祝!うしとら放送開始 [映画・アニメ]

とはいえ まだここ熊本では放送されてなく BSフジで8日に放送されるまで見れないんですけどね^^;


もう既に視聴された方々のコメントが流れていて 懐かしさよりうしおととら達が縦横無尽に動き回っている事に感動されているようですね

早くみたい~っ!!



藤田和日郎氏の「うしおととら」は 少年サンデーに連載されていたマンガであり そのシリーズを通して一人の少年と 一匹のバケモノに関わる周囲の人々(バケモノも)を良くも悪くも導いていき 心身ともに成長していくという まさに少年漫画の王道のような冒険忌憚です

うしおととら全18巻完結(ワイド版)(My First WIDE) [マーケットプレイス コミックセット]

うしおととら全18巻完結(ワイド版)(My First WIDE) [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: 藤田 和日郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: コミック



と今更言うのも憚られるくらい知ってる人も多いかと思いますが まぁ最近の流行である原作コミックのアニメ化のようですが 原作は既に完結している点と アニメ画像を見る限り 原作キャラ作画に似せて作られているだけに 原作ファンとしてはいやおうにも期待が膨らみます
(アニメ用にキャラ作画を変えたり 完結していない作品を無理やり終わらせるためにストーリーを変えたりとかは ホント勘弁して欲しいw)


どうやら2部構成にはなるものの 原作通りのストーリー展開と終盤へ続くようなのでホッとしました



ここで 一昨年のイベントで藤田先生に描いて頂いた色紙をご紹介します

祝うしとら.jpg
(※名前部分はモザイク処理してます)

ねぇ 素敵でしょ


先生によると 主人公であるうしお、とらをはじめ 真由子や麻子などの「サブキャラといえど重要メンバーを描いて」と言われることはあったが 今まで一度も紫暮などの親を描いてという人は居らず 初めて描いたと言われてました


その後 他の方からのリクエストがあったかどうかは分かりませんが 貴重(レア)でしょ^^


そうなんです 私個人的な話になりますが・・・

このイベントの前に母親を亡くしていたものですから サイン色紙が貰える抽選に当選したときに 一番描いて欲しい人物として”親”を思っていたものですから 「誰を?」と聞かれた際に 「うしおの両親を!」 と頼んだのでした


他にも多数の当選者が待っているところでしたので キャラは一人に との制約があったそうなのですが 理由を聞くまでもなく快く描いて下さったことは本当に感激でした
う   ヤヴァい この文書いてて 目頭が滲んできた




作品も傑作ですが 作者の人柄も素晴らしいこのアニメ 末永く楽しみたいと思います


夜ノヤッターマン 終わった・・・ [映画・アニメ]

久々にシリーズもののアニメを最初っから最後まで見てしまいました


ヤッターマンといえば タツノコプロの代名詞とも言える「タイムボカンシリーズ」のひとつであり

・毎回出てくる”メカの素”で生み出される愉快なメカにドロンジョ一味がやられまくるというお約束
・ヤッターマン2号が変身するシーンがシルエットとなり 子供心にドキドキ感を味わった
・「おだてブタ」「ポチっとな」「じぇんこくの女子こーせーのみなしゃーん」「おしおきだべぇー」等数々の名台詞を生み出した
・毎週1回のペースながら 108話という超長寿番組であり 毎回の視聴率も高い

などという有名なアニメですが このストーリーを引き継ぎ かなりの未来を描いたものが 「夜ノヤッターマン」です


夜の・・・といっても元祖のものよりお色気シーンは少なく 決して大人向けの という意味では無く 単に深夜に放送するから という意味だと思います^^;

圧政を敷いていたのはヤッターマンではなくドクロベーだったり そのドクロベー自身が宇宙人(?)だったり 
原作ファンにとって新たな解釈ともいえるぶっ飛んだものとなりました
夜ノヤッター1.JPG
(ヤッターワンが凄いスピードで飛んでるw)


それにしても


途中まではある程度 ストーリーがしっかり練られていると思っていたのですが 最終話に近くなるにつれ変なところでギャグに走ったり 各話のまとめが雑だったりと段々粗野になったのは何故なんでしょう?

極めつけの最終話「夜明け」での戦闘シーンなど シーンの前後がズレてたり 使いまわしのシーンを多用するなど とても商用レベルどころか放送レベル的にも酷い痛々しいものでした・・・


唯一ジーンときたシーンは旅の仲間に別れを告げるこの瞬間
夜ノヤッター3.JPG



12話という短いストーリーで纏めたかったのか 視聴率の所為なのかは分かりませんが もうちょっとどうにか出来なかったのかな?と思う所が 残念でなりません


それにしても 最後のシーンで原作のドロンジョ様の声を演じていた小原乃梨子さんの声が出てきましたが 79歳という年齢を感じないほどの艶を保ってますね~♪

もしかしたら まだまだのび太もいけるのでは?!



p.s. ラベンダーのおっちゃん 生きてたんだww
夜ノヤッター2.JPG


p.p.s 日テレのZIP!内にて3月30日より「グッド・モーニング!!! ドロンジョ」が放送されていますが やっぱり本家の声の方が良いよぉ~!!! しょうがないけど


あ~あ やっぱ観ちゃったよ [映画・アニメ]

観るつもりは無かったんだけどなぁ~

映画館では見てないんですけど ブルーレイでもDVDでも 前回TV放送があったときも見たんですけどねw

結局やっぱ 最後まで見てしまいました

アバター・・・


ジェームス・キャメロン流石ですね

以前次回作「アバター2?」の噂もあったけど 複線かのように地球に帰されたパーカーとか 明かされなかった物語の核となる稀少鉱石「アンオブタニウム」の使い道とかが主体になるのかな?

映画エイリアンみたいに「今度は戦争だ!」なんてサブタイトルだけはないでしょうねw 散々戦闘シーン流したから^^;

わからん [映画・アニメ]

NONAMEさん こんなんでいいんでしょうか?

MCF_007kai2.jpg

どっこを探しても見当たらなくなってるんだよな~

どこから拾ってきた画像だっけ・・・┏(゚ェ゚) ?

分からないからアップしてみました


でも 著作権とかに抵触するかもだから そのうちこの記事自体を削除するかもw

4月4日 日テレで放送・・・ではないの? [映画・アニメ]

先日の記事「なんと気持ちの良い連中だろう・・・」で書いた 新作TVアニメ「LUPIN the Third 峰不二子という女」のことなんですが・・・

早くも録画予約を入れようとレコーダーの番組表を表示してみたのですけど その時間帯は何故か別番組の表示がされています (*゚Д゚) アレ?


え!? ・・・ しばらくの間 局や時間帯 BS・CSなども確認しまくりましたが どこにも見つかりません
(BS放送の 地デジ難視聴専用チャンネルにはありましたけど 元々見れないチャンネルだしw)


もしかして 全国の日テレではなく 公開される局は限定されているんですか???


熊本では見れないの~!!!
うわぁ~ めっちゃテンション下がった~ (。>皿<。)

なんと気持ちの良い連中だろう・・・ [映画・アニメ]

いや~ やっぱり見てしまいましたねぇ♪

何度となく日本テレビでも再放送される度に見て レーザーディスクでも DVDでも数知れず繰り返し見て セリフや効果音まですっかり覚えてしまっても また見てしまう

単なるアニメというより キャラクター作品という枠を超えて愛される作品ですよね「ルパン三世 カリオストロの城」は!


きっと次回の再放送がある際も見てしまうんだろうな・・・


来週の「紅の豚」もねw



尚、40周年記念ということで 前回のTVスペシャルから一新された新しいキャストで TVアニメシリーズ「LUPIN the Third 峰不二子という女」が日テレで始まるそうです

時代設定は コミック版のルパン三世の頃 ルパンと峰不二子が初めて逢った頃だということ

Part3ではストーリー性が際立ったため 元々持っていたエロチズムさとか 秘密っぽさとか そんな部分を圧し出した感じになるっぽいですね

(個人的には 大人に成ったクラリスとか登場して欲しい気もするけどw)

クルー・チェンジ [映画・アニメ]

主人公に次いで 配役がゴロっと変わるんですね

<ルパン三世>16年ぶりに声優陣変更 銭形警部は山寺宏一 五ェ門、不二子も
まんたんウェブ 10月9日(日)12時3分配信
 放送40周年を迎えた人気アニメ「ルパン三世」の声優陣が16年ぶりに変更されることが9日、関係者への取材で明らかになった。
 ルパンの永遠のライバル・銭形警部を「山ちゃん」の愛称で知られる人気声優の山寺宏一さんが担当するほか、石川五ェ門役を浪川大輔さん、峰不二子役を沢城みゆきさんが務める。なお、ルパン役の栗田貫一さん、次元大介役の小林清志さんは続投。
 12月に放送される1年10カ月ぶりの新作スペシャル「血の刻印~永遠のMermaid~」(日本テレビ系)で新たな“ルパン一味”が船出を飾る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111009-00000006-mantan-ent

山田康雄さんが亡くなったときは ルパンのみならず声優を含めたアニメや映画(吹き替え)までも今後どうなるのかと思ったことを思い出しました


通常の俳優・女優と違い セリフのみで演技をする声優というものは そのキャラクターへの思い入れが深ければ深いほど代役や交代が行われたときは 大きな違和感を感じてしまうものです

今までのルパンでさえ ”モノマネで似ているから”という理由で栗田氏がこの役を始めたとき 確かに似てはいるけどやはりどこかに「違うな・・・」という雰囲気が拭えませんでした

それ以降 ずっと作品が続き 次第に馴染んではいきましたが・・・


今回 次元大介以外の声優が大幅に変わってしまうとのことですが やはり最初は違和感感じるんだろうな~


ところでこの”声優問題” 実は作品自体がリアルの年齢や世代を超えてしまうという特殊な環境のみで起こってしまうことなんです 長年継続すればするほどそれが顕著になってしまいます

このルパンもですが サザエさん然り アンパンマン然り ドラエモン(は既に変わってるかw) 長く続いているものはその不安がつきまといます

「鋼の錬金術師」のように前シリーズと別シリーズとして始めるような場合には多少が変わっても問題ないんですけどね


さて 大きく変わった”新生ルパン三世” どうなるか楽しみです^^




因みに「カリオストロの城」は全てのセリフと効果音まで空で言えるほどの ルパンの大ファンです(っ'∀`c)

トランスフォーマー見てきました [映画・アニメ]

というか 初めて3D映画を見てきました

グッズショップでメガネに掛けるタイプ(クリップタイプ)のものを300円で購入し ブースに入ってすぐに取り付けて待っていたら CMまで3Dでやっているんですね~
次回から 3Dグラスを持参すれば鑑賞料が100円引きになるそうですが さて何見よう・・・?


ま それはともかく 作品内容としては面白かったです(平坦な3Dではなく オスプレイからダイブするシーンなど)が こういうシリーズものにありがちな予測可能な世界観が やはり幾分か期待度を下げてしまいますね(仕方ないけど)



今作でようやく宿敵メガトロンが破壊(死亡)し一作目から登場し続けた敵(ディセプティコン)も殆どが倒れたわけですが 次回はどんな敵が出てくるのやら(っていうか次回作あるのかな?)

それにしても なんでヒロイン役がミーガン・フォックスから変ってるんだろう?
結構なハマリ役だったので 残念です
(一説によると 本人の発言などによる監督の意向での配置変えとのことですが そんなんで変っていくのなら どんどん配役自体が変っていっても不思議じゃないな)



先日書いた新スパイダーマンもCMやってましたが あの自分が飛んでいる(主観視点)のような作りが ワクワク感を盛り上げてくれればいいなと思います


http://www.tf3-movie.jp/


前の10件 | - 映画・アニメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。