So-net無料ブログ作成

一度は乗りたいリニア でも本当に必要なの? [ニュース]

未来の交通手段がようやく形になりそうですが・・・・

「リニア誘致」奈良と京都が古都バトル
産経新聞 12月18日(土)13時22分配信 平成57(2045)年の東京-大阪間開業を目指すリニア中央新幹線の新駅(中間駅)をめぐり、日本の2大古都、奈良県と京都府が早くも誘致合戦の様相を呈し始めた。JR東海が「1県1駅」とするルート上の新駅が、国の基本計画で「奈良市周辺」との表現にとどまり府県名が明示されなかったためで、「周辺」にあたる京都府は「国際観光都市としては譲れない」と息巻き、奈良県の荒井正吾知事は「『奈良市周辺』とは県内で決定しているということだ」として一歩も引かない考えだ。  リニア中央新幹線は、東京-名古屋間が平成39年、名古屋-大阪間が57年の開業を目指す。国土軸が一変するビッグプロジェクトだけに、東海道新幹線から大きく外れている奈良県にとって、新駅誘致は経済発展の観点からも「長年の願い」(県道路交通環境課)でもある。  一方、京都府も「リニアが府内を経由しなければ国土軸から外れてしまう。国際観光都市としては譲れない」(府交通政策課)と新駅誘致を死活問題として捉え、国やJR東海への陳情を通して存在感をアピールする構え。7月には有識者らの検討委員会も立ち上げ、JR京都駅や奈良県との府県境に位置する「関西文化学術研究都市」などを新駅候補地として検討を始めた。  直線ルート上に位置し条件的には有利とみられる奈良県だが、JR東海が沿線各県に建設する中間駅については全額地元自治体負担を求めていることが不安定要因になっている。荒井知事も「県内で発生する受益の範囲では応じるが、全額を賄うことは不可能」と全額負担に反発している。  また、2200億円が必要とされる地下駅建設についても財政事情から「地下駅は経済的な発展性が見込めず、新駅は地上駅にしてほしい」と主張するが、内心は「京都府側が破格の条件を提示しないか、気になっている」と不安を隠せないでいる。「もし県外に建設されては経済的損失は計り知れない。地道な誘致活動に取り組んでいくしかない」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101218-00000518-san-soci

もうこの計画自体って 数十年前の企画なんだよね 今更誘致合戦って言われても話が遅すぎる気もしないでもないんだけど

実際に稼動(実用化)が出来るのは更に先 計画発足から約100年という超ロングスパンでのものになります

技術的な問題はかなり解決されているとはいえ 路線の殆どを地下を通すというのは地理的見地からしても都市を経由させるにしても妥当とは思いますが そんな天文学的な予算を掛けて穴倉掘るより 航空機をたくさん飛ばして料金を安くした方が 遥かに安上がりで しかも即実行可能な手段なのではないでしょうか?


「夢を実現するため」というなんとも耳障りの良い言葉で包み隠してはありますが やってることは今世紀最大となるかもしれない程の大規模公共事業に他なりません

そこには利害なども多く絡むため 癒着・着服がはびこるいい温床となるでしょうね


昔から「狭い日本 そんなに急いでどこに行く」と言われる言葉がありますが 今一度最初(必要性の有無)から真剣に考えなくてはいけませんね
一旦工事が始まれば 終わるまで止まらないのは目に見えていますので・・・
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。